老健みやざきブログ

介護ロボ等開発フィールド募集しています(テクノエイド協会)

2021年6月21日 | その他

公益社団法人テクノエイド協会では「福祉用具・介護ロボットの開発・実証フィールド」を募集しています。

これは厚生労働省が「介護ロボット導入支援事業」において、介護ロボット等の導入支援を行っている中、同協会がそれらの開発・実証フィールドを募集し、開発及び効果の検証等を推進することを目的に、介護保険の施設・居宅サービス、関係事業者等の登録を呼びかけているもの。

詳しくはこちらをご覧下さい。なお募集要項は準備中とのことですので申し添えます。

申込23日まで!「口腔ケアWEBセミナー」(雪印ビーンスターク)

2021年6月18日 | その他

雪印ビーンスターク会社主催の「口腔ケアWEBセミナー」(令和3年6月24日木曜日、11時から21時30分の間配信。動画再生時間は約120分で、配信時間内はいつでも、何度でも視聴可能)は6月23日(水)まで参加を受け付け中です。

このセミナーは医療従事者や介護従事者が対象で、参加費は無料です。詳しくはこちらをご覧の上、6月23日(水)までにお申し込み下さい

「いいね!」をよろしく!「全老健フェイスブック」

2021年6月17日 | 協会活動報告

(公社)全国老人保健施設協会(全老健)は5月10日に、フェイスブックの公式アカウントを開設し、情報発信中です。

同フェイスブックによると「これからたくさんの方との繋がりを楽しみにしています。是非当協会のページの『いいね!』をお願いします。」とのことです。

全老健のフェイスブックのアドレスは

https://www.facebook.com/zenroken

です。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。

また当教会のフェイスブック

https://www.facebook.com/miyazakiroken

も、併せてよろしくお願い申し上げます。

介護現場におけるハラスメント対策(厚労省)

2021年6月16日 | その他

厚生労働省ホームページに「介護現場におけるハラスメント対策」が掲載され、関連の対策マニュアルおよび調査研究報告書等がアップされています。

詳しくはこちらからご覧下さい

30日まで受付中!10月10日ケアマネ試験

2021年6月15日 | その他

令和3年度介護支援専門員実務研修受講試験」の申込み受付は6月1日から始まっています。

令和3年度の試験は令和3年10月10日(日)、午前10時から。会場は宮崎市内で調整中とのことです。

受験および申込みには6月30日(水)まで県や市町村の社会福祉協議会などで配布される「受験の手引」が必要です。また申込期間も6月30日まで(6月30日消印有効)です。

詳しくはこちらの福祉保健部長寿介護課医療・介護連携推進室のホームページを御覧の上、期限までにお手続き方お願いします。

作品募集中!「全国ふれあい短歌大会」

2021年6月14日 | その他

社会福祉法人宮崎県社会福祉協議会主催の「令和3年度心豊かに歌う全国ふれあい短歌大会」は、令和3年度の作品を募集中です。

この短歌大会は介護や支援を受けている60歳以上の高齢者と、高齢者の介護を行っている(又は介護の経験のある)家族や施設職員、ボランティア、医療・介護を学んでいる学生の方々が対象。

応募期間は令和3年6月1日(火)から7月31日(土)までです。詳しくはこちらをご覧の上、奮ってご応募下さい

自由に咲かせてあげましょう

2021年6月11日 | 雑談

【Bloom In Your 3D Space

自由に咲ける3次元空間

座標の取り方はあなた次第

あなただけの咲き位置で

あなたらしく咲いて下さい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

介護保険サービスのもとで働いていると、「『介護』とは心、身が不自由な人の食事や入浴、排泄など、身の回りの事を『してあげること』」という考えについ陥りがちですが、けっしてそうではありませんね。

独力で日常生活を送るのが困難な人が、その人らしく、生き甲斐を持っていきいきと生活し、人生の花をその人らしく咲かせることができるよう、その人にとって必要な支援をすることが介護なのではないかと思います。

花々が自分の座標を自由にとって咲き誇っているように、利用者の皆様がそれぞれの尊厳を保ち、自分の自由意志で日々をおくり、充実した人生を送れるよう、多職種が連携をしっかりとり、おひとりおひとりの咲き方を、その人らしく支えるムケアを行って参りたいと考える次第です。

「脳卒中患者の在宅復帰・在宅支援リハ」学びました(リハ部会研修会)

2021年6月10日 | 協会活動報告

(公社)宮崎県老人保健施設協会リハビリテーション研究部会は6月5日、テレビ会議システムZoomを用いたオンライン研修会を開きました。37名が受講しました。

今回の研修テーマは「中・重度な脳卒中患者の在宅復帰・在宅支援のリハビリテーション」。講師は大阪府箕面市にある千里リハビリテーション病院の副院長で理学療法士、そして医学博士の吉尾雅春先生。講義は(1)常識を疑う良識を持つ、(2)環境因子、(3)個別性の重視、(4)根拠のあるリハサービス、(5)動き出せ夢の中にある魂、という流れで進められました。

「臨床活動も『常識を疑う良識をもつ』ことが大事です」と切り出した吉尾先生、一見重度の脳卒中と思えても、その常識や既存の方法に常に疑問を投げかけ、脳画像や解剖学など科学的な視点からアプローチすることで、目覚ましい成果を上げている様子を紹介し、脳画像をしっかり読み解くことの重要性を強調しました。

また、環境因子に関しては病院や施設、そしてリハビリスタッフは重要な環境因子であるとして「患者や利用者を超重度にするのは簡単です。私達リハビリスタッフ次第です。ですから環境因子である自分たちの評価をしっかり行い、自分に対するプログラムを作り、実践して下さい」と、呼びかけました。

講義の後の質疑応答にも、吉尾先生は懇切丁寧に応じていただき、受講者はこれまでの各施設での取り組みを振り返り、今後の実践に活かす、大変有意義な研修会となりました。

また、新型コロナウイルス感染症のため、昨年春以降、思うような研修会等が開催できない状況が続いている当協会にとって、今回のリハビリテーション研究部会主催の研修会は、テレビ会議システムを用いた初めてのオンラインでの取り組みとなりました。今後協会および他の部会主催の研修会等の開催にも弾みがつくものと、関係者は期待を寄せています。

令和3年度宮崎県災害時福祉支援体制整備事業説明会開きます(県社会福祉士会)

2021年6月9日 | その他

(一社)宮崎県社会福祉士会は令和3年7月10日(土)10時から12時にかけて、宮崎県災害福祉支援体制整備事業の説明会を、テレビ会議システムZoomを用いたオンライン形式で行います。

この説明会は各施設の長、または管理的な立場にある職員が対象です。詳しくはこちらをご覧の上、「申し込みフォーム(Google Form)」により6月28日(月)までにお申し込み下さい。

リトルマートコーポレーション様よりマスク寄付いただきました

2021年6月8日 | 協会活動報告
DSC_0517

6月7日、株式会社リトルマートコーポレーション様より当協会に対し、マスクをご寄付いただきました。

このマスクは同社の抗ウイルス特許加工済み「クリンシアガーゼマスク」。抗ウイルスに有効であるとの検査結果が、京都府立医科大学大学院医学研究科免疫学による試験において実証されたものです。

DSC_0516

7日は協会事務局が同社に伺い、「クリンシアガーゼマスク」。を受け取らせていただきました。大切に使わせてもらいます。心より御礼申し上げます。

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

老健みやざきFacebook

TOPへ