老健みやざきブログ

第15回大会開きました(その2)

2019年1月4日 | 協会活動報告

 午前10時40分、いよいよ開会です。大ホールは266人の参加者で埋め尽くされました。

 開会にあたり挨拶に立った当協会の櫛橋弘喜会長は「これからは老健のアイデンティティ、老健の価値が問われてきます。老健の機能は在宅復帰だけではなく、自立支援、そして在宅支援。これをしっかりしておかないと老健の価値観がなくなります。本大会では2025年に向けて介護保険の流れ、老健のあり方について忌憚の無い意見を交わし、地域の中の老健を目指しましょう」と呼び掛けました。

 また来賓として宮崎県福祉保健部の川野美奈子部長にご臨席賜りました。川野部長は「老健は今大きな転換期を迎えていることと思います。県では平成30年3月、3年間の県高齢者福祉保健計画を作りました。我々も施策を進めて行きますが、皆さんも高齢者福祉の更なる向上のため、役割は大きくなるし、協会への期待も高まります。本日は実り大きい大会になりますとともに、協会の発展と皆様のご健勝を祈念します」と県民の医療・福祉・保健のための当協会および会員老健施設の今後の事業・活動の展開に対する期待と激励の言葉をいただきました。

 次にテーマ表彰がありました。大会テーマは会員老健施設役職員を対象に公募したもので、厳正なる選考の結果、グリーンケア学園木花の津曲渉さんの「老健、大改革! ~『強い老健』を目指して~」が大会テーマに選ばれました。津曲さんには賞状と記念品が授与されました。

(つづく)

第15回大会開きました(その1)

2019年1月3日 | 協会活動報告

 平成30年12月22日、当協会の第15回研究大会をJA・AZMホールで開きました。県内会員施設から役職員266人の参加をいただき、講演や研究発表を通じ、意見や情報、問題意識を共有し、大変有意義な大会となりました。

  大会運営に当たっては県内会員老健施設から運営協力員59人を派遣していただきました。大ホールに全員集合した運営協力委員はその後広報、受付、分科会など、それぞれの係に別れ、確認そして準備作業に取りかかりました。

 受付開始と同時に、県北、県央、県西、県内の各会員老健施設から参加者が続々と集まってきました。開会に向けて、会場の雰囲気も徐々に盛り上がりを見せてきました。

(つづく)

みんなで予防!インフルエンザ

2019年1月2日 | その他

 寒さが厳しくなり、インフルエンザの流行が懸念される時期となりました。宮崎県福祉保健部健康増進課感染症対策室感染症対策担当のホームページによると、平成30年第50週(同年12月10日から12月16日まで)の感染症発生動向調査において、既にインフルエンザの定点医療機関からの報告数が68人、定点当たり1.15となり、インフルエンザ流行の目安とされている定点あたり「1」を超えています。

 今後県内での流行が懸念され、とりわけ高齢者施設での感染症予防対策の徹底が重要となってきます。

 同対策室担当ホームページにはインフルエンザ予防を呼び掛けるコラボポスター「みんなで予防インフルエンザ」の他、参考リンク(「平成30年度今冬のインフルエンザ総合対策(厚生労働省)」、「インフルエンザ施設内感染予防の手引(平成25年11月改定)」、「インフルエンザ予防啓発リーフレット(宮崎県健康増進感染症対策室)」なども貼ってありますので、それらも活用しながら感染症予防対策の強化徹底に努めましょう。

2019年スタート!!

2019年1月1日 | 協会活動報告

 2019年、平成31年が始まりました。あけましておめでとうございます。

旧年中は当協会へ並々ならぬご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

2025年に向けて、またひとつ暦が改まった中、介護老人保健施設が利用者の在宅復帰、在宅支援をはじめ、地域包括ケアシステムの中核施設としてのより一層の役割発揮が求められています。

このような中、今年も当協会は広く県民の保健、医療および福祉の増進に寄与すべく、様々な活動を展開して参る所存ですので、何とぞご理解、ご協力方賜りますようお願い申し上げます。

スマホで見られる!「介護福祉士のお仕事2018」(電子ブックアップしました)

2018年12月31日 | 協会活動報告

 平成30年度版「介護の仕事」PRパンフレット、「マンガでわかる!介護福祉士のお仕事2018」の電子ブックをはじめ、これまでのパンフレットを協会ホームページにアップしました。

このパンフレットは「地域医療介護総合確保基金」に関わる宮崎県の委託事業として当協会が平成27年度より取り組んでいるもの。増加する介護ニーズに対応すべく、介護や介護の仕事に対する理解促進およびイメージ向上をはかり、介護人材のすそ野を広げ、介護従事者の確保をはかることを目的に作成しているものです。平成28年度からは若い人達にもより伝わりやすいようにと、介護の現場とその魅力をマンガで伝える形式を採用し、好評をいただいてきました。3冊目となる平成30年度は、これに加えて高校の福祉科を訪問し、介護福祉士を目指し笑顔で真剣に学ぶ生徒達の様子を紹介しています。

紙媒体としての今回のパンフレットは2万部印刷し、県内の中学2年生全員や関係機関、イベント等で配布し大変好評を頂いています。そこでこの度、パソコンやスマートフォンでも閲覧できるよう、これまでの「マンガでわかる!」シリーズ3冊を電子ブックにしました。

「マンガでわかる!」シリーズの閲覧はこちらからどうぞ。読者の一人でも多くの方が、私たちとともに介護の現場で働く仲間となって下さることを願っています。

「魅力的な職場づくり推進講演会」のお知らせ(県長寿介護課)

2018年12月28日 | その他

 宮崎県長寿介護課は平成31年2月6日(水)、12時30分から、JAアズム本館大ホールで「魅力的な職場づくりを推進するための講演会」を開きます。

この講演会は、福祉・介護の分野において、現場の人材確保や育成、定着等のために事業所が雇用管理改善を進めることは非常に重要な課題となっている中、福祉・介護現場で働いている自分自身が、少しでも働きやすい職場となるために何が必要であるかを一緒に考えるために開かれるものです。くわしくはこちらをご覧下さい。

【この講演会に関する問合せ先】

○福祉保健部長寿介護課居宅介護担当
〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号
電話:0985-26-7059
ファクス:0985-26-7344

「訪問リハ提供緊急調査」回答27日まで(全老健)

2018年12月27日 | 協会活動報告

(公社)全国老人保健施設協会(全老健)が実施している「訪問リハビリ提供に関する緊急調査」の回答期限は平成30年12月27日となっています。

調査対象施設(「平成29年度介護老人保健施設の現状と地域特性等に関する調査」において、訪問リハビリテーションの実績が1人以上あると回答のあった施設)はこちらをご参照の上、期日までに回答下さいますようお願いいたします。

「2018年度リハ研修会」開催のお知らせ(全老健)

2018年12月26日 | 協会活動報告

(公社)全国老人保健施設協会(全老健)は平成31年2月27日から2月28日かけて、東京都江東区のTFTビルで「2018年度リハビリテーション研修会」を開きます。

 詳しくはこちらをご覧下さい。

県最低賃金改正されました

2018年12月25日 | その他

 宮崎県最低賃金は、平成30年10月5日から「時間額775円」に改正されることになりました。詳しくはこちらをご覧くださいをご覧下さい。

なおこの件に関する問い合わせは宮崎労働局労働基準部 賃金室(電話:0985-38-8836)または最寄りの労働基準監督署までお願いいたします。また宮崎県働き方改革推進支援センター(電話:0985-27-8100)でも問合せ・相談に応じていますので申し添えます。

第15回研究大会終了御礼

2018年12月24日 | 協会活動報告

 12月22日、宮崎市のJAアズムで第15回公益社団法人宮崎県老人保健施設協会研究大会を開催しましたところ、県内会員老健施設より多数のご参加を賜り、厚く御礼申し上げます。おかげをもちまして、盛会のうちに大会は終了いたしました。

 今大会は「老健、大改革!~『強い老健』を目指して」をテーマに掲げ開催しました。基調講演や市民公開講座、そして研究発表を通じて、介護老人保健施設が抱える諸問題を様々な角度から見直し、2025年を見据えた「強い老健」のあり方を、参加者が施設や職種の垣根を越えて考える大変有意義な大会になったものと存じます。これも忌憚の無い意見や情報のやりとりを行い、問題意識を共有して下さった参加者の皆様、そして運営委員として大会成功にご尽力賜った各会員老健施設の職員の皆様のお力添えによるものと、心より御礼いたします。

当協会は会員施設の資質の向上はもとより、広く県民の福祉と保健の増進のため、今後も引き続き様々な事業を展開して参りますので、なにとぞご理解、ご協力方賜りますようお願い申し上げ、大会終了の御礼とさせていただきます。

 なお、大会の模様は後日掲載いたしますので申し添えます。

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

老健みやざきFacebook

TOPへ