老健みやざきブログ

入梅2020

2020年6月11日 | 雑談

6月11日は「入梅(にゅうばい)」。広辞苑には「梅雨に入ること。暦の上では太陽の横径が80度に達したときをいい、太陽暦で6月11日頃にあたる。つゆいり」とあります。

本県を令和2年の梅雨入りは5月30日。これは平年より1日早かったとのこと。

写真は国富町にある籾木池(もみきいけ)。この周辺には色とりどりのあじさい約500本が植栽されており、県内のあじさいの名所のひとつとなっています。これを撮影したのは5月下旬と早かったのですが、6月中旬の今、見頃を迎えていると思います。

各会員老健施設周辺にもあじさいが様々な色合いで利用者を笑顔にしてくれているのではないでしょうか。新型コロナウイルス感染症はもとより、食中毒等にも注意が必要な季節です。それらの対策の徹底をはかりつつ、利用者の皆様には花を愛でる心の余裕を持って頂けるよう、日々のケアに当たりたいと思う今日この頃です。

時の記念日6月10日

2020年6月10日 | 雑談

6月10日は「時の記念日」。「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう」と呼びかけ、1920年(大正9年)に東京天文台と文部省(現文部科学省)の外郭団体財団法人生活改善同盟会により制定されたそうです。

新型コロナウイルス感染症への対応に追われているためか、今年は例年よりも時が経つのが早いように感じますが、そのような気持ちが利用者をせかすことのないよう、心の余裕を持って寄り添うようにしたいと考えます。

また「生活の改善」という意味では、厚生労働省が新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」を公表しています。「一人ひとりの基本的感染対策」や「日常生活を営む上での基本的生活様式」、「日常生活の各場面別の生活様式」、そして「働き方の新しいスタイル」について具体的な実践例が示されています。新型コロナウイルス感染症が今後どのような経緯をたどっていくかに注意と関心をはらいつつ、利用者の皆様はもとより、私達自身の生活も見直していきたいと思います。

リスクマネジャー更新試験申し込み6月10日まで(全老健)

2020年6月9日 | 協会活動報告

 

「介護老人保健施設リスクマネジャー」の資格更新試験申込みの受付は6月10日(水)までです。

この資格更新試験は有効期限が2020年8月31日までの資格取得者が対象です。

詳しくはこちらの(公社)全国老人保健施設協会のホームページをご覧下さい。

「全国大会アンケート」ご協力を(全老健)

| 協会活動報告

(公社)全国老人保健施設協会では「全国介護老人保健施設大会の開催に関するアンケート」を実施中です。

これは今般の状況を踏まえ、今後新たな開催形式の可能性も含めた検討をするため、会員施設の意見を聞くために実施するものです。

詳しくはこちらをご覧の上、令和2年6月15日(月)までにファックスにてご回答くださいますようお願いいたします。

【このアンケートの問合せ先】

公益社団法人 全国老人保健施設協会

担当:業務部 業務第一課(高野様、歌田様)

TEL:03-3432-4165

FAX:03-3432-4177

九州大会(佐賀)延期のお知らせ

2020年6月8日 | 協会活動報告

令和3年2月18日、19日に開催予定だった「令和2年度九州ブロック介護老人保健施設大会(佐賀)」は、新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、令和3年秋以降に延期されることになりました。

詳しくは今後情報が入り次第お知らせしますので申し添えます。

老後の日(6月5日)

2020年6月5日 | 雑談

6月5日は“6”と“5”で「老後の日」。「超高齢社会の中で高齢者も若者も何を考え、何をすべきなのかについてみんなで考え、共に支え、社会を発展させるための行動を起こす日」として(一社)神戸市老人福祉施設連盟が2008年(平成20年)に制定したとのことです。

身体的、精神的はもとより、社会的そして経済的等々、老後における不安や心配は多岐にわたり、かつ深刻なものとなりかねません。「健康寿命」とは心身ともに自立し、健康的に生活できる期間を言いますが、この健康寿命を延ばすために不安や心配を取り除くことが非常に大切であると言えます。

そのためにはどうすればいいのか?老健施設で働く者として、利用者おひとりおひとりについてそれをじっくりと考え、行動するために気持ちを今一度改める老後の日にしたいと思います。

稲育つ2020

2020年6月4日 | 雑談

田植えが早い宮崎県。今年も超早場米の稲が田んぼですくすく成長中です。「お盆の前には稲刈り」と言うと、他県の人は驚かれますが、私達にとっては見慣れた光景ですね。

さて、1粒の種もみから何粒の米が取れるかというと、文献によって諸説ありまた品種によっても異なり一概には言えないものの、数百粒~千数百粒になるようです。いずれにせよ光合成の力、自然の恩恵、そして農家の方々のご努力によってこれまで私達は命をつないで来ることができたのだと思うと、感謝の気持ちが湧き、お米一粒たりとて無駄にしてはいけないと思います。

「米という字を分析すればヨー 八十八度(はちじゅうやたび)の手がかかる お米一粒粗末にゃならぬ 米は我等の親じゃもの」

宮城県民謡「米節」にもこのように歌われています。そして宮崎県の老健の利用者の中にも、長年米作りに勤しんでこられた方がたくさんおられることと思います。その経験談などをお聞かせ願いながら、今年の豊作を皆で楽しみにしたいと思う今日この頃です。

令和2(2020)年度介護職員処遇改善加算及び介護職員等特定処遇改善加算について

2020年6月3日 | その他

令和2(2020)年度介護職員処遇改善加算及び介護職員等特定処遇改善加算について」が県長寿介護課のホームページに掲載されています。

詳しくはこちらをご覧下さい。

また令和元年度の実績報告の提出期限は令和2年7月31日(金)必着となっています(必ず郵送のこと)。詳しくはこちらをご覧の上、期限内にお手続きをお願いいたします。

受付開始!R2ケアマネ試験

2020年6月2日 | その他

令和2年度介護支援専門員実務研修受講試験」の申込受付が6月1日から始まりました(6月30日まで、当日消印有効)。

申し込みには県内所定の場所で配布する「受験の手引」が必要です(郵送での取り寄せも可能)。

くわしくはこちらの社会福祉法人宮崎県社会福祉協議会のホームページをご覧下さい。

なおこの試験は令和2年10月11日日曜日、午前10時から開始されます(会場は宮崎市内で調整中、事情により追加、変更する場合があり)。

受験を予定されている方はお早めにお手続きをされるとともに、試験本番に向けて計画的に学習を進めて下さい。皆様の合格を祈念いたしております。

 

【この試験に関する問い合わせ先】

○社会福祉法人宮崎県社会福祉協議会 ケアマネ試験事務局

〒880-8515 宮崎市原町2-22 宮崎県福祉総合センター 人材研修館1階

TEL:0985-35-2590 (※8時30分~17時、土日祝日除く)

写真の日(6月1日)

2020年6月1日 | 雑談

6月1日は「写真の日」。1841年(天保12年)の今日、日本で初めての写真が撮影され、被写体となったのは薩摩藩主島津斉彬、カメラマンは長崎の御用商人、上野俊之丞だったことにちなんだそうですが、後になって正しくは1857年(安政4年)9月17日の誤りとわかったものの、いったん定めたこともあり、そのまま6月1日を「写真の日」としているとのこと。いずれにせよ当時はカメラ本体や関連機材、そして撮影にかかる費用も非常に高価で、なおかつ銀面に直接画像を写し込む銀板写真、作業も大変だったことと思います。

現在はデジタルカメラが主流になり、しかもスマートフォンのカメラの描写力が飛躍的に向上しました。かつてのように専門知識や技術を覚えなくても、簡単に美しい写真を撮れるようなっただけでなく、それをすぐにSNSなどに投稿できるようになりました。かつて新聞社などで活躍した「写真電送装置」の頃かから比べると、夢のようです。

一方、昔も今も変わらなく美しいのが宮崎の豊かな自然。写真は道の駅フェニックス。朝日に輝く日向灘をバックに、県木フェニックスも南国情緒たっぷりに立ち並んでいます。以前のように県外からの観光客が戻って来てくれるにはまだ時間がかかるかと思いますが、新型コロナウイルス感染症が早く終息し、宮崎の感動的なシーンをパシャパシャ撮りおさめて回って欲しいと願っています。

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

老健みやざきFacebook

TOPへ