その他

「人生100年時代のLIFE SHIFT」のお知らせ(厚労省補助事業)

朝日新聞社Reライフプロジェクト・なかまぁる編集部は2月18日(土)「人生100年時代のLIFE SHIFT」をオンラインで開きます。時間は14時から16時まで。

このイベントは厚生労働省の補助事業「令和4年度介護のしごと魅力発信事業(情報発信事業)実施されるもので、受講料は無料です。

申込締切は2023年2月17日(金)となっています。詳しい内容および申し込みはこちらをご覧ください

令和5年度エイジレス・ライフ実践事例及び社会参加活動事例募集のお知らせ(長寿介護課)

宮崎県福祉保健部長寿介護課のホームページに「令和5年度エイジレス・ライフ実践事例及び社会参加活動事例募集のお知らせ」が掲載されています。

これは「高齢社会における生き方の例として、高齢者が年齢にとらわれず自らの責任と能力において自由で生き生きとした生活を送ること(以下『エイジレス・ライフ』という)を実践している事例及び高齢者がグループ等で就業や、地域社会活動、世代間交流などの社会参加活動(以下「社会参加活動」という。)を積極的に行なっている事例(以下『紹介事例』という。)を広く紹介し、既に高齢期を迎え、又はこれから迎えようとする国民の参考に供すること」が目的。

推薦のあった事例は、県を通じて内閣府へ報告され、紹介事例が決定され、国民に広報されます。詳しくはこちらをご覧の上、令和5年2月17日(金)までにご応募下さい

高齢者施設等での検査について(厚労省)

高齢者施設等での検査について」が全老健ホームページに掲載されています。

 これは新型コロナウイルスの感染状況について、高齢者施設等の集団感染が多くみられ、死亡者数もこれまでの最高値を超える状況が続いている状況に鑑み、高齢者施設における集中的検査の対応方法や、入所者・従業員等で新型コロナの陽性者が発生した場合の検査のあり方等について、厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策本部が指針を示したものです。

 詳しくはこちらをご覧の上、対策の徹底方お願いいたします

いよいよ明後日!介護福祉士国家試験(筆記)

令和5年1月29日(日)は第35回介護福祉士国家試験は筆記試験。ついに明後日に迫りました(実技試験は3月5日)。

受験を予定されている皆様は、体調を整え、当日は忘れ物のないよう、また時間に余裕を持って会場入りされますように。これまでの学習の成果が遺憾なく発揮されますことを祈念申し上げます。

「労働契約等解説セミナー2022」のお知らせ

労働契約等解説セミナー2022」がオンラインで開催されます(令和5年1月20日~同3月1日順次開催)

令和4年度厚生労働省委託事業として開かれるこのセミナーは「労働者や事業主、人事労務担当者などを対象に『安心』して『働く』ための労使をつなぐルールである『労働契約』について、基本的な事項をわかりやすく解説」するもの。事業主、人事労務担当者、労働者などだれでも参加可能で、受講料は無料です。

詳しい内容や申し込み等についてはこちらの宮崎県商工観光労働部雇用労働政策課のホームページをご覧ください

Web参加申込1/26まで!「介護ロボット全国フォーラム」(テクノエイド協会)

公益財団法人テクノエイド協会が2023年1月27日(金)TOC有明およびWebで開く「介護ロボット全国フォーラム(11時~16時30分)」のWeb参加の申し込みは1月26日までとなっています。

このフォーラムは厚生労働省の「福祉用具・介護ロボット実用化支援事業」で、参加料は会場・オンラインとも無料です。参加を予定されている方はこちらをご覧の上、期日までにお手続き方お願いいたします。

ひきこもりサポーター養成研修開きます(県ひきこもり地域支援センター)

宮崎県ひきこもり地域支援センターは、1月30日(月)13時よりZoomによるオンラインで「ひきこもりサポーター養成研修」を開きます(16時30分まで)。

この研修は、「内閣府の調査で、40歳から64歳のひきこもり者が全国で61.3万人いると推計され、中高年の当事者を高齢の親が支える『8050問題』と称されるなど、関心が高まって」いる中、ひきこもりについて理解を深め、当事者や家族の孤立を防ぎ、誰もが暮らしやすい地域づくりを目指し、ひきこもりサポーターを養成することが目的。

この研修は無料で受講できます。詳しくはこちらをご覧の上1月23日(月)までにお申し込み下さい。なお「先着順・事前申込制・定員100名」となっていますので申し添えます。

紙回答24日まで!「令和4年度介護事業実態調査(介護従事者処遇状況等調査)」(厚労省)

厚生労働省老健局老人保健課が協力を呼びかけている「令和4年度介護事業実態調査(介護従事者処遇状況等調査)」の紙での回答(郵送)は令和5年1月24日(火)が回答期限となっています。

この調査は、「介護従事者の処遇の状況並びに今般創設された介護職員処遇改善支援補助金及び介護職員等ベースアップ等支援加算の影響等の評価を行うとともに、今後の処遇改善や介護報酬改定等を検討するための基礎資料」となる大変重要なものとして、調査対象の介護保険施設・事業所へは郵送にて調査票(依頼文)が届いているかと存じます。詳しくはこちらをご参照の上、期日までにご回答方お願いいたします

なお、インターネットによる回答は令和5年1月31日(火)となっていますので申し添えます。

介護ロボット全国フォーラムのお知らせ(テクノエイド協会)

公益財団法人テクノエイド協会は2023年1月27日(金)TOC有明およびオンラインで「介護ロボット全国フォーラム」を開きます。時間は11時から16時30分まで。

このフォーラムは厚生労働省の「福祉用具・介護ロボット実用化支援事業」で、参加料は会場・オンラインとも無料です。詳しい内容および参加申し込みはこちらを御覧ください

あと1ヶ月!介護福祉士国家試験

令和5年1月29日(日)に実施される第35回介護福祉士国家試験は筆記試験まで、あと一ヶ月と迫りました(実技試験は3月5日)。

受験を予定されている方は、これまでの学習の振り返りや、過去問題に取り組むなどして、最後の仕上げにかかっているところかと思います。

なお、受験票は令和4年12月9日(金)に東京都内の郵便局から投函(郵送)されており、「12月19日(月曜日)になっても届かない場合は、試験センターに電話で問い合わせて下さい」となっていますので、ご確認のほどお願いいたします。

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

老健みやざきFacebook

TOPへ