その他

宮崎県ロコモティブシンドローム予防講演会のお知らせ

 「宮崎県ロコモティブシンドローム予防講演会」がご覧の日程で開かれます。

詳しくはこちらをご覧の上、別紙「参加申込書」により3月19日(火)までにお申し込み下さい。

〇講演会名:宮崎県ロコモティブシンドローム予防講演会

〇日  時:平成31年3月24日(日)14時~16時

〇場  所:宮崎県医師会2階研修室(宮崎市和知川原1-101)

〇内  容:こちらをご参照下さい。

〇申込先・連絡先:宮崎県医師会学術広報課(担当:荒川様)

〒880-0023  宮崎市和知川原1丁目101

TEL:0985-22-5118

FAX:0985-27-6550

EPA看護師・介護福祉士候補者受け入れ機関募集について

 (公社)国際厚生事業団では2020年に来日するEPA(経済連携協定)に基づく受け入れ機関を募集しています。募集期間は2019年3月26日(火)から同4月25日(木)まで。また全国3会場で説明会も開催されます。

詳しくはこちらをご覧下さい。

【この件に関する問合せ先】

〇(公社)国際厚生事業団

〒東京都港区虎ノ門2-3-20虎ノ門YHKビル4階

TEL:03-6206-1138

通所系サービス事業所における事業所規模による報酬区分の確認について(長寿介護課)

通所系サービス事業所における事業所規模による報酬区分の確認について」が県長寿介護課のホームページに掲載されていますので、こちらからご参照下さい。

ご確認を!「平成30 年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.8)」

『平成30 年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.8)(平成31 年2月5日)』 の送付について(介護保険最新情報vol.697)」が全老健ホームページにアップされていますので、こちらからご確認方お願いいたします。

活用しよう!「みやざき・ひなたの介護」ロゴマーク(長寿介護課)

 宮崎県ではこのほど「みやざき・ひなたの介護」ロゴマークを作成しました。

これは介護の魅力を発信する取り組みとして、「宮崎・ひなたの介護情報発信事業」に取り組んでいる県が、その事業を象徴するマークとして作成したもので、名刺やチラシ、会議資料など、様々な媒体への活用を呼び掛けています。

詳しくはこちらをご覧下さい。

【このマークに関する問合せ先】

〇宮崎県福祉保健部長寿介護課

電話:0985-26-7058

FAX:0985-26-7344

介護保険事業所・老人福祉施設等の感染症対策について(県長寿介護課)

 宮崎県長寿介護課ホームページに「介護保険事業所・老人福祉施設等の感染症対策について」が掲載されていますので、こちらからご覧いただき、感染症対策に万全を期していただきますようお願いいたします。

みんなで予防!インフルエンザ

 寒さが厳しくなり、インフルエンザの流行が懸念される時期となりました。宮崎県福祉保健部健康増進課感染症対策室感染症対策担当のホームページによると、平成30年第50週(同年12月10日から12月16日まで)の感染症発生動向調査において、既にインフルエンザの定点医療機関からの報告数が68人、定点当たり1.15となり、インフルエンザ流行の目安とされている定点あたり「1」を超えています。

 今後県内での流行が懸念され、とりわけ高齢者施設での感染症予防対策の徹底が重要となってきます。

 同対策室担当ホームページにはインフルエンザ予防を呼び掛けるコラボポスター「みんなで予防インフルエンザ」の他、参考リンク(「平成30年度今冬のインフルエンザ総合対策(厚生労働省)」、「インフルエンザ施設内感染予防の手引(平成25年11月改定)」、「インフルエンザ予防啓発リーフレット(宮崎県健康増進感染症対策室)」なども貼ってありますので、それらも活用しながら感染症予防対策の強化徹底に努めましょう。

「魅力的な職場づくり推進講演会」のお知らせ(県長寿介護課)

 宮崎県長寿介護課は平成31年2月6日(水)、12時30分から、JAアズム本館大ホールで「魅力的な職場づくりを推進するための講演会」を開きます。

この講演会は、福祉・介護の分野において、現場の人材確保や育成、定着等のために事業所が雇用管理改善を進めることは非常に重要な課題となっている中、福祉・介護現場で働いている自分自身が、少しでも働きやすい職場となるために何が必要であるかを一緒に考えるために開かれるものです。くわしくはこちらをご覧下さい。

【この講演会に関する問合せ先】

○福祉保健部長寿介護課居宅介護担当
〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号
電話:0985-26-7059
ファクス:0985-26-7344

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

老健みやざきFacebook

TOPへ