協会活動報告

「2022年度管理者(職)研修会(Web)」のお知らせ(全老健)

公益社団法人全国老人保健施設協会(全老健)は「2022 年度管理者(職)研修会」」をWebにより開催します。

この研修会は「老健施設の基本理念、管理者(職)としての基礎知識等について理解を深めること」が目的。視聴期間は2023年1月23日(月)から2023年2月6日(月)まで。

申込期間は2022年11月21日(月)から2023年1月16日(月)までとなっています。詳しい内容および申し込み等についてはこちらをご覧下さい

テーマは「With コロナ時代における老健運営」(第17回研究大会)

当協会が令和5年3月19日(日)、宮崎観光ホテルで開催する「第17回 公益社団法人 宮崎県老人保健施設協会 研究大会」のテーマは「With コロナ時代における老健運営~コロナ発生させない自施設の取り組み、またコロナ発生から学んだ教訓~」です。

大会参加受付は既に始まっており、申込締切は令和5年2月10日(金)まで。また研究発表も受付中で、締切は令和4年12月16日(金)となっています。

大会概要や大会参加・研究発表申込要項等は、協会ホームページ「書式ダウンロード」にアップしていますのでこちらから閲覧・ダウンロードして下さい。またそれぞれの関係書類は以下のリンクから直接アクセスできます。多数のご参加、発表をお待ちしております。

第17回(公社)宮崎県老人保健施設協会研究大会大会概要

第17回(公社)宮崎県老人保健施設協会研究大会大会参加・研究発表申込要項

第17回(公社)宮崎県老人保健施設協会研究大会大会参加・研究発表申込書

第17回(公社)宮崎県老人保健施設協会研究大会研究発表 登録用紙

第17回(公社)宮崎県老人保健施設協会研究大会抄録様式

回答30日まで!「全国大会アンケート」にご協力下さい(全老健)

公益社団法人全国老人保健施設協会(全老健)が実施している「今後の全国大会開催に向けてのアンケート」の回答は11月30日までとなっています。

このアンケートは、全老健が全国大会に関する検討の場として、従来の「大会推進部会」を委員会に昇格させ、今後の大会の在り方を検討することを主目的に「大会検討委員会」を設置。「多くの会員施設の皆様にご満足いただけるような大会の開催を目指す」とし、その一助として委員会での検討に先立ち、会員施設を対象に、今後の開催方法等について意見を聞くため実施するものです。

詳しい内容等についてはこちらをご覧の上、令和4年11月30日(水)までにFAXにてご回答下さいますようお願いいたします

火曜と日曜は電話相談!全老健「メンタルヘルス相談」窓口

公益社団法人全国老人保健施設協会(全老健)では老健施設職員を対象に「メンタルヘルス相談」窓口を設置し、メール相談に加え、毎週火曜日と日曜日は電話相談を行っています

これは「仕事の不安等の相談、また新型コロナウイルス感染の懸念や、ご家族等からの対応の不満等のために精神的に不安になったり、感染してしまったり濃厚接触者となってしまったために地域等から差別的対応を受けた場合の相談など、日常生活での悩みやストレス」について、老健施設職員の心の相談に応じる、無料の相談窓口です。

利用方法は「電話相談」および「メール相談」で、どちらも無料です。

【電話での相談】

〇毎週火曜日17:00〜21:00(受付締切20:45)

〇毎週日曜日13:00〜17:00(受付締切16:45)

TEL.0120-913-502(フリーダイヤル)

【メールでの相談】

〇以下のアドレスに相談内容を送信してください。24時間受付しており、3日以内にカウンセラーからメールにて返事が届くとのことです。

kokoro@roken.or.jp 相談内容について、個人名や施設が特定、公表されることはありません。外部の相談窓口です。個人情報はどこにも伝わらない窓口」として全老健では活用を呼びかけています。詳しくはこちらをご覧の上、安心してご相談下さい

「全国大会アンケート」にご協力下さい(全老健)

公益社団法人全国老人保健施設協会(全老健)では「今後の全国大会開催に向けてのアンケート」を実施中です。

これは、全老健が全国大会に関する検討の場として、従来の「大会推進部会」を委員会に昇格させ、今後の大会の在り方を検討することを主目的に「大会検討委員会」を設置。「多くの会員施設の皆様にご満足いただけるような大会の開催を目指す」とし、その一助として委員会での検討に先立ち、会員施設を対象に、今後の開催方法等について意見を聞くため、アンケートを実施するものです。

詳しい内容等についてはこちらをご覧の上、令和4年11月30日(水)までにFAXにてご回答下さいますようお願いいたします

サイバーリスクへの備えを!「全老健団体保険制度」のご案内

(公社)全国老人保健施設協会の「会員専用サイト」に「e-roken flash サイバーリスクへの備えを!『全老健団体保険制度』のご案内」が掲載されています。

これは医療・介護施設へのサイバー攻撃が世間を騒がせている昨今、万一攻撃が発生した費用に対して全老健が用意した補償制度で、(1)法人全体をカバーする補償、(2)会員老健施設をカバーする補償…の2つが予定されています。詳しくはこちらをご覧下さい。なお閲覧には「ユーザー名」と「パスワード」が必要ですので申し添えます。

申込11/4まで!2022年度看取り研修会(Web)(全老健)

公益社団法人全国老人保健施設協会(全老健)がWebにて開催する「2022年度看取り研修会」の申込は2022年11月4日までとなっています

今年度の本研修では、地域包括ケアの中で高まる老健施設の看取りニーズ、withコロナ時代の看取り、だからこそ大切なアドバンスケアプランニング(ACP)について学び、ミニシンポジウムでは様々な職種のシンポジストから「他職種協働の看取り」について話してもらう内容となっています。

Webにて開催されるこの研修会の視聴期間は2022年11月11日(金)から11月30日(水)まで。また申込みは既に始まっており、締切は11月4日(金)となっています。

詳しい内容および申込みはこちらをご参照下さい

総務委員会開きました

当協会の令和4年度第1回総務委員会を10月14日、宮崎市の介護老人保健施設ひむか苑で開きました。

 この日の委員会では (1)令和4年度事業計画・予算、(2)各部会活動報告、(3)第17回宮崎県老健協会研究大会・・・などについて協議、検討を行いました。

 新型コロナウイルス感染症のため、活動自粛を余儀なくされていましたが、制限が緩和されてきた状況に鑑み、今後は感染対策を徹底した上で、高齢者等の保健、医療および福祉の増進に寄与すべく、諸機関のご支援もいただきながら各研究部会が連携を密にして各事業を展開していくこととなりました。そして令和5年3月19日(日)には「第17回公益社団法人 宮崎県老人保健施設協会 研究大会」を宮崎観光ホテルで開催することも確認し協会全体としての活動再開の機運が高まりました。これからも協会へのご理解、ご協力方賜りますようお願い申し上げます。

申込は24日まで!「2022 年度リハビリテーション研修会」(全老健)

公益社団法人全国老人保健施設協会が開催する「2022年度リハビリテーション研修会」の申込受付は2022年10月24日(月)までです。

この研修会は「老健施設のリハビリについての最新情報や、必要な知識を修得すること」が目的で、今年度は『LIFE』をテーマにWebにより開催されます。

この研修会は、リハビリ職はもちろんのこと、「リハビリ職以外の方にも是非ご参加いただきたい内容」として、多数の参加を呼びかけています。

申込期間は2022年10月24日(月)まで。お申し込みがお済みでない受講予定の方はこちらを御覧の上、期限までにお手続き方お願いいたします

秋の「安全推進月間」(全老健)

毎年4月と10月は(公社)全国老人保健施設協会(全老健)が定める「介護老人保健施設安全推進月間」です。

「with コロナ」をテーマに募集し、寄せられた506件の中から選ばれた2022年度の標語は「距離保ち 心は密に 寄り添って」。この標語を記したポスターは既に全老健より送付されていることと存じます。

詳しくはこちらの全老健ホームページをご覧の上、各施設における安全推進にご尽力下さいますようお願いいたします。

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

老健みやざきFacebook

TOPへ