老健みやざきブログ

アントニオ猪木の日!?

2012年1月23日 | 雑談

  みなさん、元気ですかあーーー!元気があれば何でもできる・・・。でお馴染みなのは、そうです。アントニオ猪木さんです。プロレスの黎明期から全盛期を支え、放送時間には日本中の銭湯を空っぽにした(?)、押しも押されぬ・・・いや、押したり押されたり、投げたり投げられたり、蹴ったり蹴られたりしたけれど、とにかく人気プロレスラーです。もちろん今でも、絶大な人気と存在感を誇っておられます。

 とにかく猪木はすごかった。にっくきタイガー・ジェット・シンの腕をへし折り、巌流島で血まみれになりながらもマサ斉藤を絞め落とし、専売特許ともなった「アリキック」で、モハメッド・アリの脚を執拗に攻め続けた姿はまさに「燃える闘魂」そのもの。運動部員ならずとも、猪木に魂を注入された者達は「ヒンズースクワット」を何百回もやって、そして次の日筋肉痛で動けなくなったものでした。

そんな猪木が第1IWGP決勝戦。「イチバーン!」で有名(なに?知らない?)なハルク・ホーガンの必殺技、アックスボンバーを受けてリング下に沈んだ時、日本中に悲鳴が、そして「猪木コール」が響き渡りました。それでも気絶したままの猪木の意識は戻らず、無理矢理上げ戻されたリングで、だらしなく開いた口から伸びきった舌が垂れ下がり、リングをなめていました。まだ若かかった「ハッスルハッスル」の坂口征二がそんな猪木の頭をわしづかみにして、ガンガン揺さぶっていました(これ、とても危険です。真似しないで下さい)。にわかには信じがたいショッキングな光景でした。

そんなアントニオ猪木さん。プロレスを国民的人気スポーツにしただけでなく、みんなに夢と希望と、そして戦う勇気を与えてくれた功績は偉大です。老健を利用されている高齢者の中でも、プロレス観戦を趣味にされていた方は少なくありません。今でもビデオをお見せすると、当時を思い出しながら楽しくご覧になられます。

さて、今日は123日。だから、今日を「アントニオ猪木の日」にしてはどうか?と思うのです。この日にちなんで、全国各地でアレをやってはどうか、と。そうです。あれです。123日だから、「いーち、にぃーい、さぁーん、だぁあああああああ!!!」をやって、みんなで元気を出す、そんな日にしてはどうか、と。うん、これは我ながら名案だ・・・・・。

と、そう考えながら、今日はそもそもどんな日なんだろうか?と思って調べてみると、ガビーン☆=>=>=>(+_+。)なんと、故ジャイアント馬場さんの誕生日(1938)だったのでありました。アッポー。猪木の日じゃなくて、馬場の日だったとは(>_<)

ともかく元気があればなんでもできる。老健施設では土日も関係ありませんが、とりあえず一週間の始まりです。今週も元気に頑張りましょう。それではいいですかー、いーち、にぃーい、さぁーん、だぁあああああああヽ(^^)ノ!!!

キッチンで農業を

2012年1月20日 | 雑談

 「キッチンで野菜栽培」という見出しが、17日の日本経済新聞にありました。某大手電気機器メーカーが、家庭菜園向けの植物ミニプラント事業を始めるという記事で、植物工場の技術を活用した栽培用の小型装置を発売するのだそうです。おおーっ、すごい。

 記事によると、同社は果物や野菜の栽培装置と育成管理サービスを一体で販売するとのこと。この装置のすごいのは、クラウドコンピューティング技術を用い、ネットワーク経由で温度や湿度、養液投与量などを管理するというところです。だから初心者でも育てやすいのが特徴とのこと。また、システムキッチンに組み込めるだけでなく、屋外で複数台を組み合わせることもできるそうです。

 同社はこの装置を2012年度中に発売するそうですが、「有機野菜を購入するなど食の安全に気を使う顧客を想定」していると記事にはありました。しかし、これを読んで「果物や野菜を作ることを楽しむ人」や、「果物や野菜を作っていた人」にも使えるんじゃないか?と思いました。

 農業が基幹産業の宮崎県。老健を利用されている方々においても農業に携わっておられた高齢者も少なくありません。このような方にとって、安全に「作る」ことができて、安心して「食べる」ことの両方が楽しめる、というのは2倍のおいしさがあるのではないでしょうか。しかも、種をまいてから収穫するまでの期間も3割短縮できるとのこと。うーん、なんかいいなあ。

 ただし、装置1台の価格は60万円(>_<)。そのため、月14000円でのリースもあるとのこと。宣伝するわけではありませんが、今後の事業展開の行方に興味津々です。

あたたかい唄

2012年1月19日 | 雑談

  寒い日が続いています。21日はいよいよ大寒ですから寒いはずです。そして、寒い季節には「あたたかい唄」を歌ったり、聴いたりしたくなるものです。そんな時、宮崎にはお薦めの「あたたかい唄」があります。その唄は、その唄の名前は「的射節」(まといぶし)。

 

的は金の的 弓と矢は白木

放す間の面白や ハラヨイヨイホンニ

 

 この曲は椎葉の民謡で、CDアルバム『ふるさとの旋律(うた)を訪ねて』(宮崎放送制作)の解説によると、白鳥神社の春の祭りの「競射」の場で、にぎやかに歌いはやされる掛け唄だそうです。いかにも椎葉の唄だなあ、と感じるのは次の歌詞。

 

的を射りたきゃ 手元をしゃんと

那須の与一の 末じゃもの

 

 屋島の戦い(1185年:元暦2年)で、小舟に掲げた扇を射落としたことで知られる弓の名手、那須与一が登場します。

そして何といってもこの唄を聞いていていいなあ、と思うのは、その独特な旋律です。宮崎県には約400曲の民謡があると言われていますが、他の地域のどの曲とも似ていない、哀愁感に満ち溢れる素晴らしい唄です。同アルバムには全国的に有名な「ひえつき節」の他、椎葉の民謡が数曲収められていますが、それらの中でもこの「的射節」と「椎葉秋ぶし」「奥山節」(おくやまぶし)の3曲は特にその旋律がとても美しく感じると同時に、ものすごーく難しい唄だと思います。「歌い手を選ぶ曲」とでも言ったらいいのでしょうか、楽譜に書き表そうと思ったら、細かい音符を五線譜をたくさんちりばめなければならないような、非情に複雑なものになりそうです。いずれにせよ、何度聞いても感動してしまう名曲です。

 

さて、この「的射節」のどこがあたたかいのか?ということなのですが、それは唄の最後の部分です。「ハラヨイヨイホンニ」に続いて「あたたかーい!!」と大きな呼びかけ声が入ります。「あたたかーい!!」と・・・・・ん?

そうです。本当は「暖かーい!!」ではなくて、「当たったかーい?」です。的に矢が当たったかどうかを、的の近くにいる人に大きな声で尋ねているわけです。目視では確認できないくらい、よっぽど遠く離れた的を狙って射ったのだなあ、と想像させられます。

この「的射節」を初めて聴いたのが、たまたま寒い日で、しかも他の事をしながら何気なく聴いていたものですから、突然「あた(っ)たかーい?」という威勢の良い声が耳に飛び込んで来てびっくり、そして「暖かーい!!」と聴き間違ってしまったのです。すぐに聴きなおして誤りに気づき赤面したのですが、寒い朝が辛いときなどには、この「的射節」を思い出し、誤り承知の上で「あたたかーい!!」と叫んで、それからこの名曲を聴いてみるのです。そうすると、やっぱり暖かくなります。心が「ぽっ」と温もって来るのです。願わくば歌えるようになれば、もっと暖かくなるのでしょうが、この曲、本当に難しいです。

そんなこんなで勘違いをしはしましたが、この「的射節」、絶対にお勧めです。一度、耳を傾けてみられてはいかがでしょうか。

チックタックは今?

2012年1月18日 | 雑談

DSCN1279.JPG 

 

 柱時計です。ボンボン時計とも言います。名曲「大きなのっぽの古時計」に出てくるやつです。昔はだいたいの家の柱に一つは掛かっていたのではないでしょうか。懐かしがられる高齢者も少なくないはず。

 この柱時計、何を動力源にして動いていたかというと、ゼンマイです。漢字で書くと「発条(もしくは撥条)」です。文字盤の下の方に穴が2つあいていて、片方が振子を動かすゼンマイ、もう片方が「ボーン、ボーン」と鐘を打つためのゼンマイ。鐘の音がうるさくて嫌な家庭では、振子の方だけ巻いていました。ゼンマイ巻きは振子のある小部屋の横に掛けられていて、それをゼンマイの穴に突っ込んで、ギリリ、ギリリと巻いていました。巻きすぎるとゼンマイは切れますから、慎重に巻いていたものでした。

 

 だけど、本当はゼンマイじゃないんです、柱時計を動かしていたのは。それは「チック」と「タック」という2人の小さな小さな子供たち。彼らが振子の中に潜んでいて、二人で「チックタック」と言いながら振子をぶらーん、ぶらーんと揺らしていたのです。千葉省三さんの名作「チックタック」にはちゃんとそう書いてあります。それによると、夜の12時の鐘が鳴ると、「チックタック」の音が止まり、振子の中から彼らが出てくるのです。そして、「チック」と「タック」は家の中で遊んだり、いたずらしたり、台所の料理を食べあさったりしていたわけです。この話の中では、わさびのきいたお寿司を食べてのどをからした2人が、翌朝は「ヂックダッグ」と悲しげな音を出すことになってしまったのですが・・・。

 

 その真意はさておき、写真の柱時計、なーんかおかしい。そうです。ゼンマイを巻くための穴(2か所)が無いんです。これこそ「チック」と「タック」が動かしているのか???

 

DSCN1282.jpg

↑ここに穴があるはずなのに・・・(>_<)???

 

 と思ったら、なーんと電池で動いているのでありました<(^´)>。振子も電池で動いているのでありました。振子の周期が長さで決まる事を利用して発明された柱時計なのに、これじゃあ本末転倒じゃん(+o+) 

 

 

DSCN1276.JPG まあまあ、仕方ないじゃあありませんか。これもまた時計の、いや時代の流れというものでしょう。子供だった「チック」も「タック」も、もう既に相当な年齢に達していると思われます。振子の中の世界で、介護保険制度が施行されているかどうかはわかりませんが、そろそろ彼らをゆっくりさせてあげてもよいのではないでしょうか。ゆりかごみたくゆらゆら揺れる振子の中で、2人がのんびり外界を眺めながら「昔と今はずいぶん違うよなあ、チック」「そうだねぇタック、俺たちもお寿司のおいしさがわかるようになったしねえ」などと語り合っているかもしれませんね。

あの日を忘れない

2012年1月17日 | 雑談

  今日は117日。17年前のこの日、午前546分に阪神淡路大震災は起こりました。テレビもラジオも一斉にその報道に切り替わり、朝が明けてくるにつれて、その被害のすさまじさも続々と伝えられ始めました。崩壊した建物、倒れた高速道路、至る所で立ち上がる炎と煙・・・。そんな中で呆然と立ちすくむ人達の姿に、我が目を疑うしかありませんでした。6434人の尊い命が犠牲になりました。

 本当に大変な災害でしたが、そんな中で、手を取り合って、人々は復興へ向けてたくましく歩み始めました。その影像に、「涙の数だけ強くなろうよ アスファルトに咲く花のように」と岡本真夜さんが歌う「tomorrow」が重なり、流れ出る涙を止めることができませんでした。

 震災のみならず、自然災害は過去のものではありません。昨年311日には、あの東日本大震災・・・。災害は繰り返されるものであり、それがいつ、どこで起こるかも予測困難です。これに対して「100パーセント、絶対に、確実に安全だ!!」という保証は無いのだと肝に銘じないといけません。

 「想定外だった」では済まされません。自然災害を未然に止めることも極めて困難です。過去に起こった災害を教訓にして、これから起こるであろう災害に備えることが肝要です。

 被災地をはじめ、各地で震災の記憶を風化させないための行事がありますが、私たち一人一人も、今日という日を防災、減災への備えの重要性を再認識するための、そんな117日にしたいと思います。

撓う(しなう)

2012年1月16日 | 雑談

  「撓う」と書いて「しなう」と読みます。『広辞苑』には「(弾力があって)しなやかにたわむ。しなる」とあります。「しなやか」・・・いかにも柔軟性があって、びよーん、びよーんとしたイメージがあります。

 この「撓」の字を冠した身体の部位があります。「橈骨」。「とうこつ」と読みます。前腕(肘から手の間)にある2本の骨のうち、親指側にある方の骨です。この橈骨のおかげで、人間は手のひらをヒラヒラと表裏に回すことができるのです(回外・回内と言います)。「キラキラ光るー、お空の星よー」と歌って踊る時の、あるいは、柳沢慎吾さんの代表的持ちネタで、事件現場に刑事がパトカーで来る時「ウーーーーッ」両手を回して赤色灯が回転している真似をする、あの動きです。さすれば、この「橈骨」、その名の通り、「弾力があって、しなやかで、たわんで、しなる」のか?いーえ、いーえ!そんなことは決してありません。高齢者が骨折しやすい骨の一つがこの橈骨。「橈骨遠位端骨折(とうこつえんいたんこっせつ)」といって、転んで手をついた時などに、この橈骨の手に近い部位を折ってしまいやすいのです。「びよーん、びよーん」なんてことはありません。

 「それじゃあ、転んで手をつかないようにすればいいじゃん」と寒さにまかせてポケットに手を突っ込んで歩けばいいのか・・・ブー!!!ダメです!もってのほかです。よけい危ないです。

 転ばないことが第一です。転倒予防の一環として、柔軟な身体、すなわち「撓う身体」作りに取り組むのはいいことだと思います。ストーブの前で丸くなっている猫を見ながら、「ああ、こいつは普段はこんなにしてるけど、いざ落下という時にはショワーンと身体を撓わせて、何事もないように着地するんだよなあ」と思いつつ、「橈」の文字を思い浮かべた次第でした。

みなさんの参加お待ちしています(第9回研究大会)

2012年1月13日 | 協会活動報告

  当協会ホームページの「お知らせ」のコーナーに、9回社団法人宮崎県老人保健施設研究大会の参加申込み開始のお知らせを掲載しております。316日(金)の14時から20時まで、宮崎市の宮崎観光ホテルで開催予定です。多数の参加をお待ちしています。また、ひとえ歯科クリニック院長の宇都仁惠先生による特別講演は、一般公開となっておりますので、老健関係者に限らず、どなたでもふるってご参加ください。

ドッカーンはだめよ<(`^´)>

2012年1月12日 | 雑談

 本日、112日はどういう日かと、火山が大爆発を起こした日です。といっても、新燃岳ではありません。昨年、年間爆発回数が観測史上最多の996回となった桜島の話。今から98年前、1914年(大正3年)の今日、文明噴火(1471-76年)、安永噴火(1779年)と並び、桜島の「3大噴火」とされる大正噴火があったのが今日なのだそうです。128日の朝日新聞によれば、その時の大噴火では噴出物は東京ドーム約1600個分の20億立方メートル!噴煙は上空1万メートル以上の成層圏まで達したそうです。この噴火で58人が犠牲となり、桜島と大隅半島は陸続きになったのだそうです。なんともおぞましいことです。しかもカレンダーを見ると、本日はなんと赤口<`ヘ´>!大凶の日であるばかりでなく、「赤い口」という文字自体が、火山の火口を連想させるようで、どうにも気持ちがよいものではありません。

 どうかどうか、再び大噴火が起こらないことを祈るばかりです。昨年、あの新燃岳が噴火を始めた119まであとちょうど一週間。どうぞ何事も起こりませんように。神頼みだけでなく、報道などにも注意しながら、なりゆきを見守りたいと思います。

ブッチャー引退(ToT)/~~~

2012年1月11日 | 雑談

 いやあ、びっくりしました。「黒い呪術師」ことプロレスラーのアブドーラ・ザ・ブッチャーが引退を表明したとのこと。御年とって71。引退することよりも、いまだに現役を続けておられていたことに驚きです。キャリア41年!すごい!!。

 思えばブッチャーの存在無しには、日本のプロレス人気はなかったと言っても過言ではないでしょう。ジャイアント馬場アントニオ猪木が白いマットのジャングルに君臨し、不動の人気を得ていたその頃、ブッチャーは本当に恐ろしく、憎たらしい存在でした。186?、150キロの巨体に似合わない俊敏な動き。レフェリー以外のすべての観客や視聴者にわかるように使いこなす残虐な凶器攻撃。真似したら絶対に突き指してしまうだろう、と思われる「地獄突き」。椅子は投げるわフェンスは壊すわのやりたい放題。馬場や猪木が打ちのめされている画面に食い入るように見いていると、隣の家のおばあちゃんが「こらー!ばばーっ!頑張らんかー!!」と絶叫しているのが聞こえていました。そして悪事の限りをやり尽くしたブッチャーが、満身創痍の馬場や猪木に逆転の必殺技を受けてマットに沈むと、日本国中が歓喜の渦に包まれたものでした。

 その様子は今でもユーチューブなどの動画で鑑賞することができますが、それを見ていてわかるのは、いかにブッチャーが当時のプロレス界を盛り立てていたか、ということです。自分は「最凶」の嫌われ役に徹し、そのことで馬場や猪木がブラウン管の中でさん然と輝くことができたのだと思います。当時は反則攻撃ばかりに目がいっていましたが、今、見直してみると、ブッチャーの攻撃のされ方が非常に優れていて、見ている人の興奮と感動を究極まで高めるような、そんなやられ方をしていたんだなあ、と思います。

 老健を利用されている高齢者の方々でも、昔プロレス観戦が大好きだった方も少なからずおられます。それは、馬場や猪木などのヒーローがいたことはもちろん、その対極の位地に立って嫌われ、憎まれ続けたブッチャーの存在があったからだ、と今頃になって思えるようになりました。

 そんなブッチャー、いやブッチャーさん。最近は骨盤を痛め、尾てい骨の手術も受けたとのこと。彼こそ、だれよりもプロレスの魅力を熟知し、プロレスをこよなく愛していたんじゃないか、と思います。当時は本当に嫌いで、憎らしかったブッチャーさん。しかし、それはあなたがそう思わせるようにわざと振る舞っていたのですね。己の身体を酷使し、ぼろぼろになってしまうまで・・・。

 111日で71になられる大好きなブッチャーさん。嫌って、憎んでごめんなさい。そして何よりも、感動をありがとう!!と遅ればせながら今になってやっと言う事ができます。もし機会がありましたら、日本の老健施設をご利用の上、リハビリに取り組んでいただき、後進の指導に当たって下さるといいとも思います。「プロレスがテレビでやらんようになってさびしい」と嘆かれる高齢者は決して少なくありませんから。

頑張れ!ケアマネ研修!!

2012年1月10日 | 雑談

  いよいよ、いよいよです。113日から「平成23年度宮崎県介護支援専門員実務研修」が始まります。過去最低の合格率となったあの難しい試験を見事クリアされた皆様におかれましては、喜びもつかの間。これから前期3日間、後期3日間、合計44時間の研修に突入します。特に前期の2日目は午前8時半から午後6時半という長丁場です。体調管理に努め、万全の状態で研修に臨んでください。

 会場は、前期の1日目のみ宮崎観光ホテル(宮崎市)で開催されますが、その後はすべて宮崎市の宮崎県福祉総合センター人材研修館4階で行われます。この「宮崎県福祉総合センター」、場所がわかりにくいので、事前に確認をされますことをお勧めします。カーナビがあれば、それに従えばいいわけですが、開会時刻になっても到着できず、「そちらの場所はどこでしょうか?(゜ロ?)(/ロ゜)」という切迫した電話が会場かかってくることも皆無ではないようです。「研修実施要綱」には、「実務研修終了者とは、研修の全過程をすべて受講した者とします」と明記してあります。したがって、遅刻厳禁です。時間と気持ちに余裕を持って会場入りしましょう。

 研修は講義形式だけでなく、個人やグループでの演習、さらには各々が要介護者、家族、ケアマネージャーなどなどに扮して行われるロールプレイング形式での演習も行われます。さらに、前期と後期の間には、各々が実際に要介護の被保険者宅を訪問し、モニタリングから課題の抽出、ケアプランの策定まで行う個人実習もあり、決して楽なものではありません。

しかし、それら一連の研修を受ける中で、他の実習メンバーと情報を交換したり、悩みを相談しあったりすることができます。さらに、実施主体である一般社団法人宮崎県介護支援専門員協会の方々が、懇切丁寧に指導してくださいます。ファシリテーターと言われるこれらの方々は、実際にそれぞれの職場の第一線で活躍されていますから、受講者からの質問や悩みにも、時には自分の体験を交えながら具体的にわかりやすく、親身になって教えてくださいます。「研修実施要綱」に定めるこの研修の目的は「介護支援専門員として必要な知識、技能を有する介護支援専門員の養成を図ることを目的とする」とだけしかありませんが、受講した時間(とかかった費用)以上に、得るものがとてもとても大きい研修です。研修の最終日に「修了証明書」が発行されますが、そのことをきっと実感するはずです。

最期に、「もしドラ」で有名な「マネジメントの父」ことピーター・ドラッカー氏の「人の長所ではなく、短所ばかり目を向けるような人物は、マネージャーに昇格させるべきではない」という言葉をはなむけにおくります。ファイト!

 

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

老健みやざきFacebook

TOPへ