雑談

眠れぬ夜は「宮崎発『ラジオ深夜便』」

  NHK「ラジオ深夜便」の宮崎からの放送が、下記の日程で放送されます。

 ○ラジオ第1:11月29日(木)午後11時15分から翌30日午前5時まで

 ○FMラジオ:11時30日(金)午前1時から5時まで

 その中で11時台と午前0時台は宮崎県日向市東郷町出身の歌人若山牧水特集。酒を愛し、旅を愛し、自然を愛した若山牧水は今年没後90年。わずか43年の短い生涯の中で9000首もの歌を残しました。宮崎県が誇る文物を紹介するそうです。

 また午前2時台と3時台は「宮崎をうたう 宮崎を旅する」と題して、宮崎を舞台にした歌の数々が紹介されるとのこと。さらに番組後半では女優柴田美保子さんによる「明日へのことば講演会」や、「アンカーを囲むつどい」など、11月17日に川南町で開催、録音された「ラジオ深夜便のつどい」の様子も放送されるそうです。

 もし眠れない利用者様がおられましたら、宮崎から全国に届ける「ラジオ深夜便」に耳を傾けていただいてはいかがでしょうか。

勤労に感謝しよう2018!

 11月23日は平成最期の勤労感謝の日。勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう日です。

 老健施設に勤める者にとって、利用者の皆様はこれまで勤労に汗してこられた人生の大先輩の方々。見習うべき事も多く、まさしく「勤労を尊び、生産を祝い」、そして「互いに感謝」しあいつつ、学びを授かるにもってこいの日だと言えます。感謝の気持ちを忘れずに、仕事に当たりましょう。

 この機会に「介護老人保健施設の理念と役割」をおさらいしたいと思います。公益社団法人全国老人保健施設協会が毎月発行している協会機関紙、「老健」からそれを抜粋し、以下に記します。繰り返しますが平成最期の勤労感謝の日さあ、今日もがんばりましょう!!

「介護老人保健施設の理念と役割」

 介護老人保健施設は、利用者の尊厳を守り、安全に配慮しながら、生活機能の維持・向上をめざし総合的に援助します。また、家族や地域の人びと・機関と協力し、安心して自立した在宅生活が続けられるよう支援します。

1.包括的ケアサービス施設

 利用者の意思を尊重し、望ましい在宅または施設生活が過ごせるようチームで支援します。そのため、利用者に応じた目標と支援計画を立て、必要な医療、看護や介護、リハビリテーションを提供します。

2.リハビリテーション施設

 体力や基本動作能力の獲得、活動や参加の促進、家庭環境の調整など生活機能向上を目的に、集中的な維持期リハビリテーションを行います。

3.在宅復帰施設

 脳卒中、廃用症候群、認知症等による個々の状態像に応じて、多職種からなるチームケアを行い、早期の在宅復帰に努めます。

4.在宅生活支援施設

 自立した在宅生活が継続できるよう、介護予防に努め、入所や通所・訪問リハビリテーションなどのサービスを提供するとともに、他サービス機関と連携して総合的に支援し、家族の介護負担の軽減に努めます。

5.地域に根ざした施設

 家族や地域住民と交流し情報提供を行い、さまざまなケアの相談に対応します。市町村自治体や各種事業者、保健・医療・福祉機関などと連携し、地域と一体になったケアを積極的に担います。また、評価・情報公開を積極的に行い、サービスの向上に努めます。

「いいひふ、皮膚の日」(11月12日)

 11月12日は「いいひふ」ということで「皮膚の日」。日本臨床皮膚科医会が1989年に制定し、日本皮膚科学会と協力して、皮膚についての正しい知識の普及や皮膚科専門医療に対する理解を深めるための啓発活動を行っています。

 老健施設において利用者のスキンケアは非常に重要です。日頃のケアの中で皮膚状態の観察と対応を欠かすことはできませんし、そのための知識や技術、マニュアル整備、スタッフ間情報の共有など取り組むべき事はたくさんあります。それらについて意識、心掛けを新たにする「皮膚の日」にしたいと思います。

お疲れ様でした!ケアマネ試験

 「平成30年度介護支援専門員実務研修受講試験」は10月14日(日)、宮崎大学木花キャンパスで実施されました。受験された皆様、手応えはいかがだったでしょうか。近年は公式なものではないものの、模範解答例がすぐネットに掲載されますので、ある程度自己採点はできるものと思われます。ただし実際の合否は蓋を開けてみるまではわかりません。

 合格発表予定は12月4日(火)で、(1)県庁正面掲示板、(2)県庁ホームページ、(3)県福祉総合センター本館1階掲示板、(4)県社会福祉協議会ホームページなどで発表されることとなっています。

 合格発表までは落ち着かない日々が続くかと思いますが、日々のケアへの注意と誠実さを怠ることなく、業務に当たって参りましょう。

敬老の日です

 9月17日は平成最後の敬老の日。色々ある祝日の中でも、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを主旨とした敬老の日は、私達老健施設で働く者にとって、利用者おひとりおひとりを敬い、介護の仕事への思いを新たにするという意味で非常に重要なものだと思います。

 祝日でも休みとは限りません。県内で多くの老健職員が、今日も敬老と感謝の気持ちを胸に利用者のケアに勤しまれていることと存じます。

 この機会に、「介護老人保健施設の理念と役割」をおさらいしたいと思います。公益社団法人全国老人保健施設協会が毎月発行している協会機関紙、「老健」からそれを抜粋し、以下に記します。今日も笑顔でがんばりましょう!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「介護老人保健施設の理念と役割」

 介護老人保健施設は、利用者の尊厳を守り、安全に配慮しながら、生活機能の維持・向上をめざし総合的に援助します。また、家族や地域の人びと・機関と協力し、安心して自立した在宅生活が続けられるよう支援します。

 

1.包括的ケアサービス施設

利用者の意思を尊重し、望ましい在宅または施設生活が過ごせるようチームで支援します。そのため、利用者に応じた目標と支援計画を立て、必要な医療、看護や介護、リハビリテーションを提供します。

2.リハビリテーション施設

体力や基本動作能力の獲得、活動や参加の促進、家庭環境の調整など生活機能向上を目的に、集中的な維持期リハビリテーションを行います。

3.在宅復帰施設

脳卒中、廃用症候群、認知症等による個々の状態像に応じて、多職種からなるチームケアを行い、早期の在宅復帰に努めます。

4.在宅生活支援施設

自立した在宅生活が継続できるよう、介護予防に努め、入所や通所・訪問リハビリテーションなどのサービスを提供するとともに、他サービス機関と連携して総合的に支援し、家族の介護負担の軽減に努めます。

5.地域に根ざした施設

家族や地域住民と交流し情報提供を行い、さまざまなケアの相談に対応します。市町村自治体や各種事業者、保健・医療・福祉機関などと連携し、地域と一体になったケアを積極的に担います。また、評価・情報公開を積極的に行い、サービスの向上に努めます。

あとわずか!平成最後の8月

 「八月は夢花火 私の心は夏模様」は井上陽水の「少年時代」。夏の定番ソングになっており音楽の教科書にも載っている名曲です。

 気がつけば平成最後の8月も今週金曜日までとなりました。猛暑あり、台風ありでなかなか大変な8月でしたが、まだまだ気は抜けません。利用者の皆様はもとより、自身の体調管理にも気をつけながら過ごして参りましょう。

8/24は「愛酒の日」(和歌山牧水誕生日)

 8月24日は「愛酒の日」。代表作「白玉の 歯にしみとほる 秋の夜の 酒はしづかに 飲むべかりけり」でも知られる、酒をこよなく愛した宮崎県出身の歌人、若山牧水の誕生日が1885年(明治18年)のこの日だった事にちなんで設けられたそうです。

 宮崎県の焼酎出荷量は平成29年度まで4年連続全国一に輝き、まさに焼酎王国となりました。牧水も天国から喜んでいることと思います。

 1928年(昭和3年)9月17日、43歳の若さで世を去った牧水。今年没後90年を迎え、各地で様々な催しが開かれています。飲み過ぎは禁物ですが、その誕生日にあやかって記念日になるほど酒を愛した郷土の偉人に想いを馳せながら、その偉業をたどってみるのも良いのではないでしょうか。

終戦記念日2018

 8月15日は終戦記念日。1945年(昭和20年)、73年前の今日、第二次大戦は終わりました。全国各地でこれに関連する行事が予定されています。

 老健施設で働く中で、利用者の方々から戦時中の体験談を聞くことができるのは、非常に貴重な機会だと感じずにはいられません。それと同時に私達はもとより、子供達さらには未来の人達が戦火にさらされることのないよう、この体験談を語り継いでいかなければならないという気持ちがわいてきます。

 『戦争を知らない子供たち(作詞:北山修、作曲:杉田二郎)』が発表されたのは1970年(昭和45年)。終戦から73年の月日が経ち、戦争の苦しみを味わった人がだんだん減って来る中、その無残さを風化させないためにも、戦争を知らない者の一人として、人生の大先輩である利用者から様々な話を伺うための8月15日にしたいと思います。

あと2ヶ月!ケアマネ試験は10月14日

 10月14日(日)の「平成30年度介護支援専門員実務研修受講試験」まであと2ヶ月となりました。今年度は午前10時から、宮崎大学木花キャンパスで行われます。

 受験を予定されている方はテキストや問題集などを用いて勉強し、本番に向けた対策に余念が無いことと思います。まだまだ暑い日が続きます。業務と並行しながらの勉強は大変かと存じますが、体調に留意し、残り2ヶ月を有効に活用して試験に臨み、合格を勝ち取って下さい。

【試験事務局】

社会福祉法人宮崎県社会福祉協議会ケアマネ試験事務局

〒880-8515宮崎市原町2番22号

宮崎県福祉総合センター人材研修館1階

電話番号:0985-35-2590

《注意》8時30分~17時00分(土日祝日除く)

平均寿命過去最高(2017年)

 2017年の日本人の平均寿命が過去最高を更新しました。

7月21日付け宮崎日日新聞によると、これは7月20日、厚生労働省が公表した「簡易生命表」でわかったそうで、女性は87.26歳で前年比0.12歳の延び、男性は81.09歳で0.11歳の延びとのこと。また男女とも6年連続の延びとなったそうです。

主な国・地域と比較すると、女性は香港に次いで2位、男性は香港、スイスに次いで3位ですが、「医療技術の進歩もあり、今後も延びることは十分考えられる」との厚労省のコメントが紹介されていました。具体的には2017年生まれの人が将来がんや心疾患、脳血管疾患による死亡がゼロになったと仮定すると、平均寿命は女性で5.61歳、男性で6.81歳延びるとのこと。

これからも平均寿命が延び続け、皆が心身共に健康で、生きがいのある暮らし、人生を送れることは素晴らしいことです。記事には厚労省が算出した2016年の「健康寿命(※)」も載っており、女性74.79歳、男性72.14歳。「平均寿命との差をどれだけ詰められるかが課題」と記事が締められていましたが、医療技術の進歩はもとより、介護技術の向上も必要ですし、在宅生活を支援するための包括的ケアシステムの構築も重要だと思います。その拠点として、老健施設が果たすべき役割も今後ますます大切になってくる・・・そう感じた記事でした。

(※健康寿命:介護を受けたり寝たきりになったりせずに日常生活を送れる期間)

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

老健みやざきFacebook

TOPへ