雑談

災害への備え

616日付け朝日新聞に「特養 失われた13人の命」という記事が掲載されていました。津波の被害もなく、避難所に移ったわけでもない宮城県の特養で、東日本大震災後の半月に、60人の入所者のうち、13人の高齢者が相次いで亡くなられたというのです。

 地震の後、入所者全員を食堂に集めて目配りをしながら、3日分の備蓄しかない食料を12回に切り替えて対応。屋外が氷点下に冷え込む中、施設は停電。灯油ストーブと厚着、段ボールでしのぐものの、死者が加速度的に増えていき、家族とも連絡がとれない。「なぜ次々と逝ってしまうのかとパニックになりそうだった」という生活指導員の言葉が胸に刺さりました。また、医師からの提言として、災害時に高齢者の生命を奪う危険があるものとして、肺炎、低体温症、脱水の3つが挙げられていました。そのリスクは、特養も老健も同じだと思います。

読みながら辛い気持ちで一杯になりました。それと同時に、この惨劇から私たちは学ばなければならないのだ、と強く思いました。様々なリスクを抱えながら、一生懸命生きておられる利用者お一人、お一人を守っていく責務の重さを再認識しました。

 昨日からの激しい雨は、県内各地に被害をもたらしています。「もたらしました。」と過去形では言えません。今は穏やかな天気ですが、週末からはまた雨が強まるとの予報、油断できません。災害への備えに万全は無い、と思います。より一層、気持ちを引き締めなければ、と考えさせられました

ストトン節

 「ストトン ストトンと通わせて・・・」で始まる「ストトン節」は、大正13年の歌です(添田さつき 作詞・作曲)。利用者様と接する中で、いろんな曲を歌うのですが、この「ストトン節」、ほとんど全員の方がご存知なのには驚きです。100曲以上ある私の懐メロレパートリーの中で、知名度ナンバー1ソング!と断言してもいいのではないか、と思うほどです。

 歌詞の内容は、身勝手な男の振る舞いをとがめる女心・・・と言うと、悲壮感が漂いそうですが、この曲を聴くと利用者様は男女を問わずみんなニコニコ。そして一緒に「ストトン ストトン・・・」と笑顔で歌われます。おまけにこの曲は四分の二拍子。つまりマーチソングでもあるわけで、一緒に歩く練習をしたり、体操をしたりするのに非常にリズムとテンポが良い曲です。心を動かし、口を動かし、そして身体も動かす魔法の歌・・・つまり、「リハビリソング」と言えるのではないでしょうか、この「ストトン節」は。ぜひ一度お試しあれ。

 それにしても、「誰でも知っている一曲がある」というのはうらやましい事かもしれません。今から、50年後の老健で「さあ、みんなで一緒に歌いましょう、平成21年の思い出の名曲、”○○○○○○○”です。イチ、ニ、サン、ハイ!」と言われて、一斉に口ずさめる歌があるのかなあ?と少し心配です。

 もちろん、今でも良い歌がたくさんあります。ただ、良い歌がとてもたくさん、ひっきりなしに、次々に、続々と、出てくるものですから、覚えられない(涙)。花と歌に満ちあふれた生活は、心が豊かになるような気がしますが、あふれすぎなのもどうなのだろうか?と、ふと考えてしまいました。ストトン、ストトン。

五月晴れ

  おとといの夜から、昨日の午前にかけての宮崎市は、梅雨時とは思えないほどの快晴!特にお月様の美しかったこと!思わず見とれてしまいました。この、「梅雨の晴れ間」のことを、「五月晴れ(さつきばれ)」と言うのだそうです(『広辞苑』より)。もちろん、「五月の空の晴れわたること」も読んで字のごとく、「五月晴れ」と言いますが、六月になった今頃にも「五月晴れ」というのは案外知られていないのかもしれません。それにしても、本当に爽やかなひとときでした。

 そして、今日はまた。本当なら、明日の明け方は皆既月食。すばらしい天体ショーが楽しめるところなのですが、予報は雨。期待薄ですね。

 それはしかたないとして、老健施設に勤める者として、この時期に注意しないといけないことは色々あります。感染症や食中毒予防、転倒防止・・・気が抜けません。そして、雨が続けば、気分もしけって滅入りがち・・・。メンタル面への配慮も忘れてはいけませんね。そんな中、本県出身のプロ野球選手である寺原隼人投手(オリックス)が、昨夜は大活躍の6勝目!寺原選手を見習ってスカッと全力プレーを心がけたいと思います。

「端座位」のすすめ!?

「利用者の〇〇さんがベッドで端座位(たんざい)になっておられました」などと表現することがあります。そのまま読めば、「はしっこにすわる」。椅子にちょこんと座る時にも、そう言ったりする方も多いのではないでしょうか。この「端座(坐)位」。一般には馴染みの薄い、いわゆる私たちの「業界用語」みたいにも思えます。

 ところが、『広辞苑』をひもとくと、ちゃんと「端座」の文字。でも、意味は「?姿勢を正して座ること。正座」。私たちが使っているのと、何だか違うようです。不思議に思って「端(タン)」を調べてみると納得。そこには「きちんとしていること。正しいこと」という意味と、「はし。さき」という両方の意味が併記されていました(このほか、「はじめ。糸口」という意味もありました)。なるほど。はしっこに座るのも、正座をするのも、どちらも「端座位」と言っていいのかも。

 いずれにせよ肝心なのはその座り方だと思います。高齢者の座り方でよく見られるのがいわゆる「仙骨(せんこつ)座り」。横から見ると、骨盤が後方に倒れ、背中は曲がっている座り方で、背もたれが無くては、座っていられない場合もあります。この「仙骨座り」、決しておすすめできるものではありません。食事の時にテーブルの奥のおかずが取りにくかったり、車椅子がこぎにくかったり、はたまた腰痛や床ずれの原因になったり、さらには呼吸もしにくくなって、気分も滅入りがち・・・。「仙骨座り」は、”百害あって一利なし”と言ってもよいのではないでしょうか。したがって、「姿勢を正して座る」という意味での「端座位」をすすめていくことが大切なのではないでしょうか。

 と、ここまで述べてきましたが、『広辞苑』の「端座」の記載にはまだ続きがありました。それはなんと、「?何事もせずにすわること。茫然と日を暮すこと」。つまり「気抜けして、ぼんやりとして暮らすこと」も「端座」と言うのだそうです。こっちの「端坐位」はおすすめできません。利用者様が心身ともに充実した日々を過ごせるよう、そして、決して「茫然(ぼうぜん)と過ごされる」ことの無いよう、私たちのやるべきことはたくさんあるのだ、と再認識しました。

 それにしても、すすめるべき「端座位」と、すすめるべきでない「端座位」があるなんて。この「」という字の持つ意味の広いことには驚きです。まさに「両極端」なんだなあ、と思わざるを得ませんでした。たんたん。

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

老健みやざきFacebook

TOPへ